Top > よくある質問 > 他の食品との同時摂取

「害」や副作用の心配は無いが

成分構成

高純度のβグルカンは他の健康食品や処方薬と同時に摂取することは避けるべきで、推奨致しません。

βグルカンは化学的に安定な成分物質なので、他の成分や薬品と作用反作用を引き起こすような「害」や副作用の心配はありません。通常の食品として扱って問題無いので、食べ合わせに神経を使うことも不要で、気軽に利用することができます。

しかし、機能性成分としてのβグルカンの効率の観点から考えると、他の食品と近い時間帯に摂取するのは避けることを強く推奨します。理由は、同時摂取で他の健康食品等に含まれているタンパク質や脂質がベータグルカン分子を包み込んでしまうと、成分の機能性が著しく低下するからです。


オルタスβグルカン85』のような高純度品は、不純物であるタンパク質や脂質を除去する徹底した抽出精製工程を経て生まれます。しかし、精製された高純度ベータグルカンを食事や他の健康食品と近い時間帯に摂取すると、胃の中で機能性分子が不純物と混ぜ合わされ、多くの機能性分子はタンパク質と脂質に覆われてしまうことになります。これでは超高純度品の機能性も効率性も著しく損われてしまい、つまりは「モッタイナイ」状態になってしまうのです。

βグルカンを摂るなら、単独で「食間に水だけ」で摂取することが肝要です。摂取した時間から食事や他の健康食品の摂取には前後に最低30分、可能なら1時間以上の時間間隔を確保することが、高純度ベータグルカンを高い品質のままに活用するコツなのです。


高純度βグルカンから見れば、不純物の多い他の健康食品はタンパク質と脂質の豊富な"食事"と同等に扱われるべきなので、同様に時間間隔を空けるのが得策です。


処方薬とも併用可能な健康食品

不純物を削ぎ落とし、磨き上げられた無垢な高純度ベータグルカンは、 いわば純白のシルクのような気高さを兼ね備えています。 だから少しでも不純物と混ぜ合わさるのを嫌うのです。

前後を水だけで過ごしたなら、機能性分子はピカピカの無垢のままで小腸まで届き、良い仕事をしてくれるでしょう。

粉末90000mg入へ カプセルへ