ホーム ハタケシメジ(畑しめじ)よりも効率の良い製品とは

ハタケシメジの機能性成分はβグルカン

ハタケシメジ(畑しめじ)とは

  • 英語: Fried Chicken Mushroom
  • 学名: Lyophyllum decastes: リオフィラム デカステス

ハタケシメジの機能性成分は ハタケシメジ(畑しめじ)はキシメジ科のキノコの一種です。 ハタケシメジの学名の「Lyophyllum」は lyo(離れる〕+phyllos(葉)という2つの言葉が語源の合成語で「シメジ属」を表します。 また、「decastes」は一株に10本位のシメジが生えるという意味を表しています。

多くのキノコの多くが森や山奥だけに自生するのに対し、 このキノコほ道端や畑、あぜ道など人里にも顔を出すことに因んで「ハタケシメジ」という和名がついたようです。

種属がホンシメジと近いこともあり食用が可能なだけでなく、 食感や味・風味がよいことから色々な料理に利用されています。

ただし、「ホンシメジ」という種は「菌根性きのこ」なので、生きた広葉樹やマツの林に発生するのに対して、 「ハタケシメジ」は「腐生性きのこ」であるため、地中の腐植質、木材などを分解することで自生します。

このために、ハタケシメジの自然界での自生は森や林だけではなく、 林道脇や造成した場所にもさえも多く発生し、民家の庭先などにも発生することもあります。

高額に見合う健康食品は少ない このようにハタケシメジという和名は道端や畑、あぜ道、人里にも自生していることに由来しています。 それぞれの場所できのこの菌糸の塊が、 地中深くにうずもれた朽ち木などの内部から栄養分を摂取して増殖し、梅雨時と秋に地上へハタケシメジを群生させるのです。

美味で希少とされるシャカシメジやホンシメジに比べると比較的容易に見つかるため、 希少性には欠けるものの、味は両者と同等に近い評価を受けています。

味に癖がなく適度にしゃきしゃきとしている歯ごたえが好まれるため 料理用食材としての高い汎用性から 鍋料理を始め、天ぷらや炒め物など、様々な料理の食材として活躍しています。

ハタケシメジの効率的摂取

ハタケシメジは主成分が少ない ハタケシメジは、 1990年に王子製紙の森林資源研究所が世界で初めて人工栽培による商業生産に成功しました。

以降、大量生産が可能となったことから、食材用の通信販売はもとより、 ハタケシメジ由来健康食品(サプリメント)としての販売も開始されました。

ハタケシメジは不純物が多い ハタケシメジを原料とする健康食品は、 キノコ系の健康食品としては珍しく熱湯抽出を経た後に粉末化されます。 ハタケシメジ健康食品は抽出されることで成分が濃縮され、 ハタケシメジを料理で食すよりも効率的に機能性成分を摂取できると言えるでしょう。

最終的に粉末化されたハタケシメジは、 袋やカプセルに詰められて「ハタケシメジ健康食品」として製品化され、流通・販売されています。

免疫細胞のマクロファージ、T細胞、NKキラー細胞の働き このようなハタケシメジ(畑しめじ)を原料とする健康食品には、 βグルカン(ベータグルカン)、タンパク質、ビタミンB群、ビタミンD2が機能性成分として豊富に含まれています。

ハタケシメジより優れた新製品

パン酵母抽出は高品質 ハタケシメジの機能性成分は多くありますが、最も注目されているのはβグルカンという成分です。この成分のおかげでハタケシメジ製品が機能しているのが内実なのです。

この成分に着目し、その中でも最も重要なβ1,3Dグルカンを効率的に摂取するために開発されたのが、 『オルタスβグルカン85』です。

有効成分の多い安心健康食品オルタスβグルカン85』はβグルカンの含有率が85%以上を保証されており、 さらには注目の機能性成分であるベータ1,3Dグルカンの構成率が95%以上です。

世界的な権威の米国ジョージア大学複合糖質研究センターによる成分分析・連鎖解析を実施していますので、機能性成分の含有量と質が確かです。

オルタスの成分構成 高品質なのに低価格だから、安心して継続利用頂ける品質と価格のバランスが『βグルカン本舗』の特徴です。

オルタスβグルカン85』のご注文および詳細説明は下記の商品紹介ページでご覧いただけます。


型 番 BG85-CPHTこの商品について問い合わせる
販売価格 5,900円(内税)この商品を友達に教える
購入数
  • Down
  • Up
セット商品
の選択 ⇒
カートを見る

電話・FAXでの注文受付は→[ご注文方法]