βグルカンに よくある詳しい質問

高純度ベータグルカンを使いこなして頂くために、 βグルカン本舗に問合せされる「よくある質問」に詳しくお答えしています。 少し難しいかもしれませんが、知っている方が 少しでも効率的にβグルカンをご活用できるはずです。

可能性を高めるために、ご一読頂き『オルタスβグルカン85』のご利用にお役立て下さい。


超高純度のβグルカン(ベータグルカン)の機能性を最大限に生かすための最適摂取タイミングを解き明かします。
個々人の最適なβグルカン適量を把握することが重要です。いかに優れた健康食品でも過剰摂取は推奨されません。
苦にならない時間帯に、苦にならない量を、なるべく定期的に摂取するのがβグルカン摂取の秘訣です。
超高純度βグルカンに最適な飲み物とは? お茶やコーヒー、ジュースと混ぜるのは「モッタイナイ!」ことなのです。
βグルカンに限らず、健康食品の理想的な摂取法とは、質の良い製品を確保し、適量(少量)づつ摂取することに尽きます。
βグルカン(ベータグルカン)には摂り過ぎによる弊害も副作用も無いのですが、食品・食べ物としての単純な「食べ過ぎ」には留意が不可欠です。
βグルカンの適量は体質・体調の個人差が大きいので、少ない量から初めて、増量を試すことで適量を見定めることが重要です。
自分自身の体調体質の変化と相談・観察しながら、食事を増減するかのようにβグルカン量も調整するのが得策です。
βグルカン(ベータグルカン)と他の食品の同時摂取には害は無い。しかし、機能性の効率が低下してしまうので 近い時間帯は避けるべきなのです。
機能性が異なる他の健康食品の並行利用は可能性を高めるが、時間間隔を確保することが必須条件です。
不純物に覆われていないβグルカン分子だけが 小腸でマクロファージに接触吸収されるのです。
「βグルカンは簡単に水に溶ける!」世界標準のβグルカンはパン酵母抽出の高純度品ですが、 吸収効率に関係しない水溶性」の無意味な広告には注意が必要なのです。
低純度βグルカン食品では二重の効率低下が起こるために、機能性の期待値が著しく低くなってしまうのです。
起床から朝食までに時間的な余裕を確保できる方に限れば、最善最高βグルカン摂取タイミングです。
個々人の体質に左右される就寝前のβグルカン摂取は賛否両論ですが、試す価値はあります。
βグルカンの機能性は間接的に発揮されるため一定期間以上の連続利用が不可欠なので、継続摂取する利用期間は中長期となります、
初めてならカプセルを まず1本! βグルカン適正を見極めた後に割引セットを検討すればよいのです。
高純度βグルカン(ベータグルカン)の保管は簡単で、「湿気の少ない冷暗所」に保管するだけです。冷蔵庫には入れないことが重要!

超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』

世界最高のβグルカン純度85%超で、 β1,3Dグルカンの構成率95%超の超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』は絶賛販売中です。 比類無き高品質・低価格はコチラでお求め頂けます。

βグルカン・粉末へ βグルカン・カプセルへ