ホーム 鹿角霊芝(ろっかくレイシ)とはキノコの一種

霊芝(レイシ)よりも効率の良い健康食品

霊芝(レイシ)とは

  • 英語: anoderma Lucidum
  • 学名: Ganoderma lucidum

霊芝(レイシ:Reishi)とは、サルノコシカケ科マンネンダケのことで、 日本では別名「万年茸」「幸茸」「三芝」「吉祥茸」の別称で呼ばれることもあります。 高湿度の山地の樹木やミズナラ等の広葉樹の枯木,切り株に自生するため、 天然自生は極めて少ないキノコです。

霊芝の機能性成分はベータグルカン 中国でも霊芝(リンツゥ)と呼ばれ、 "幻のきのこ" と称されています。 大型の傷の無い乾燥品は腐食しないため、現代でも食用以外には観賞用としての販売も特徴的です。

紀元前200年頃の後漢時代に集約された書物『神農本草経』にも記載があり、 霊芝(リンツゥ:「霊」は最高、「芝」はキノコの意)と称される『幻のキノコ』として讃えられています。 古来より朝鮮人参と共に二大仙草として珍重されてきましたが、苦味が強いために料理用の食材には適ざす、 乾燥・粉砕して食すか、熱湯抽出で茶として摂取されてきました。

1950年代に人口栽培法が開発されて以来は、各地で栽培され、健康食品として普及してきました。 日本では古くからのキノモ栽培の技術を応用した国産品の栽培が普及し、 各地で生産地の地名を冠した商品が多く開発・栽培されています。

鹿角霊芝の健康食品は割高? 日本霊芝、さつま霊芝、飛騨霊芝、霧島霊芝、琉球霊芝等々様々な名称の霊芝が各地で生産/販売されていますが、 それぞれ同じ霊芝(レイシ)の一種であり、キノコとしての種類・種属は同じです。 生のままに販売されることもあれば、粉末化されて健康食品(サプリメント)へ配合されます。

旧来は熱湯抽出して「霊芝茶」として、お茶の一種として常用する利用法が多かったのですが、 サプリメントとしてカプセル化したり、健康食品と称して錠剤化した製品も増えてきました。
また、霊芝の胞子外殻を破砕した粉末が「胞子粉」としてサプリメントへ配合されることもありますが、成分が大きく良化することはありません。

鹿角霊芝とは

  • 英語: Deer Horn Shape Ganoderma Lucidum(鹿の角の形をした霊芝)

鹿角霊芝(ろっかくれいし)とは、 霊芝(マンネンタケ)の突然変異種であり文字通りに外観が鹿の角に似ている株を呼びます。 通常の霊芝よりもβグルカンの含有量が多いとされているのが特徴です。

環境条件の違いが原因で出来る変異体の霊芝(マンネンタケ)であることから、 自然界に自生で発生する鹿角霊芝は数万本に1本という希少性です。

人工栽培は1970年代以降に盛んになり、現在では各地で栽培が進んでいます。 林檎(りんご)や梅の古木を培地として使用することで風味を増したりんご霊芝や古梅霊芝etcの霊芝特産品も各地で開発/販売されています。

霊芝(レイシ)の機能性成分に注目

鹿角霊芝の健康食品は非効率 霊芝や鹿角霊芝の機能性成分はβグルカンという成分です。

キノコとしては非常に多いベータグルカンを含み、含有率は40%前後から多いものは50%を上回る濃度を誇るとされています。 しかし、最重要の機能性成分であるβグルカン中のβ1,3Dグルカンの割合は低く大部分が機能性の無いβ1,4Dグルカン、つまりセルロースに占められています。

免疫細胞のマクロファージ、T細胞、NKキラー細胞の働き それでも太古の時代の"健康食品"としては得がたいキノコであったため、 発見されると皇帝に献上されて吉兆として国が祝宴を催し、 大赦を出す程に喜ばれる希少性があったのです。 昔の人々はβグルカンという物質も機能性も知らずとも、 鹿角霊芝を初めとする各種のキノコに対して、経験から機能性を見出していたのでしょう。

鹿角霊芝は不純物が多い なお、「水溶性」を特徴とする鹿角霊芝の健康食品が販売されていますが、意味の無い物性です。βグルカンの吸収は水に溶けているかどうかは全く関係無いからです。

なお、純粋なβグルカンおよびβ1,3Dグルカンの科学的な性質は難水溶性です。 この性質の意味するところは、完全に100%純粋なベータグルカン試料は水に溶けるものの、全てを溶かすためには攪拌が必要であることを意味します。

この純粋な物質の性質は、純度が高ければ由来する原料に依存することなく不変です。 つまり「水溶性ベータグルカン」の本質は、水溶性の不純物が付着した低純度のベータグルカンであるのが実情です。

霊芝(レイシ)よりも効率の良い健康食品

パン酵母抽出の高品質品 古来では謎だった霊芝の機能性成分は「βグルカン」だったのだと科学の進んだ現代では解明されています。そして、さらに進んだ科学は また霊芝よりも50%以上もβグルカンを豊富に含む原料として「パン酵母の細胞壁」を探り当てるに至りました。

このパン酵母の細胞壁から抽出・精製した健康食品である『オルタスβグルカン85』なら、 βグルカンは85%以上、βグルカン中のβ1,3Dグルカンが95%以上の高品質です。

成分構成 これ程までに高品質化されると、霊芝と比較しても倍を超える効率で、注目の機能性成分β1,3Dグルカンの摂取が可能となります。 まさに近代バイオテクノロジーの結晶とも言える高品質の恩恵が享受できます。

ご注文および詳細説明は下記の商品紹介ページをご一覧下さい。


型 番 BG85-CPRRこの商品について問い合わせる
販売価格 5,900円(内税)この商品を友達に教える
購入数
  • Down
  • Up
セット商品
の選択 ⇒
カートを見る

電話・FAXでの注文受付は→[ご注文方法]