ベータ1,3Dグルカン専門店 - βグルカン本舗TopPageへ

アガリクスの機能性成分はβグルカン

アガリクス(ヒメマツタケ)とは

  • 和名:カワリハラタケ、ヒメマツタケ
  • 学名:Agaricus blazei Murril (アガリクス・ブラゼイ・ムリル)
  • 英名:Sun mushroom (サン・マッシュルーム)

アガリクス(Agaricus)とはキノコの一種であるカワリハラタケの俗称です。 ヒメマツタケとも呼ばれることもありあますが、 学名であるアガリクス・ブラゼイ・ムリルの先頭だけを略した俗称として「アガリクス」と呼ばれるのが一般化しています。

アガリクスの成分にはタンパク質が約40%と多いのが特徴的ですが、 その他にβ-グルカン、ビタミンB2・D、マグネシウム、カリウム、リノール酸、リン脂質が含まれています。

アガリクスブームとは

日本でアガリクスの人工栽培が始まった当初の1970年代は、 「ヒメマツタケ」の名称で販売が試みられましたが、 その後いくつかの研究機関からの報告で用いられた学名の「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」の名称へ注目が高まり、 1990年代中頃より有名な「アガリクスブーム」へと発展しました。

このブームでは、アガリクスだけでなくメシマコブ, ハナビラタケ, カバノアナタケ(チャーガ)等と並んで、 様々なキノコが健康食品・サプリメントとして乾燥キノコや抽出エキス等として販売され、 一時は日本国内だけで300億円以上の巨大な市場を形成したのです。

アガリクスの製品評価に関しては、研究の発端となったブラジル原産の株が良いとする説を初めとして、 原料として子実体が良いとする説、逆に菌糸体の使用が良いとする説など、諸説が乱れました。

また、アガリクスからのエキス抽出方法についても、酵素処理法と熱水抽出法の優劣で議論が分かれましたが、 明確な数値比較が少ないために結論が出ていません。 その後のアガリクスブームは、違法な「バイブル本」に根ざした問題のある販売手法・商品が横行しました。 2000年以降には摘発が相次ぎ、 現在ではブームは沈静化したもののまだまだ根強い人気を誇っています。

なお、アガリクスと称して売られている健康食品(サプリメント)の中には カワリハラタケ、 ヒメマツタケとは異なるキノコも紛れていることがあります。

実は、学名の「Agaricus アガリクス」とは「ハラタケ属の」という意味であり、 このハラタケ属のキノコには学名の先頭に「アガリクス」と付くキノコが世界中で300種類を超えて存在しているのです。

中でも一般的な食材として馴染みの深い「マッシュルーム」にも学名に「アガリクス」が付くため、 乱暴に略せば「アガリクス」の一種とできます。アガリクスの学名を関する主なキノコの種類は下記のとおりです。

学   名 よ   み 和   名
Agaricus abruptibulbus Pk. アガリクス・アブラプティバルバス ウスキモリノカサ
Agaricus arvensis Schaeff.:Fr. アガリクス・アベンシス オオハラタケ、シロオオハラタケ
Agaricus arvensis var.fulvus アガリクス・アベンシス・ファルバス オオハラタケ
Agaricus arvensis アガリクス・アベンシス シロオオハラタケ
Agaricus bisporus アガリクス・ビスポラス ツクリタケ、マッシュルーム
Agaricus blazei Murr. アガリクス・ブラゼイ・ムリル カワリハラタケ、 ヒメマツタケ
Agaricus campestris L.:Fr. アガリクス・カペストリス ハラタケ
Agaricus comptulellus Imai アガリクス・コンタレラス ヒメシロモリノカサ
Agaricus comtulus Fr. アガリクス・コンタラス コハラタケ
Agaricus crocodilioides Kobayashi アガリクス・クロコディリオデス ワニガワタケ
Agaricus diminutivus Peck アガリクス・ディミナティバス コモリノカサ
Agaricus hahashimensis S.Ito & Imai アガリクス・ハハシメンシス ハハジマモリノカサ
Agaricus jezoensis Imai アガリクス・ジェロンシス キハラタケ
Agaricus placomyces Pk. アガリクス・プラコミセス ハラタケモドキ
Agaricus praeclaresquamosus Freeman アガリクス・プラクラレスクアモサス ナカグロモリノカサ
Agaricus purpurellus (Moller) Moller アガリクス・プルパラス コムラサキモリノカサ
Agaricus semotellus Imai アガリクス・セモテルス ヒメモリノカサ
Agaricus silvaticus Schaeff.:Fr. アガリクス・シルバティカス モリハラタケ
Agaricus silvicola forma immutatus アガリクス・シルビコーラ・フォルマ・イミュテイタス チチジマオオハラタケ
Agaricus subrufescens Pk. アガリクス・サブリュティレンセス ニセモリノカサ
Agaricus subrutilescens (Kauffm.) Hotson & Stuntz アガリクス・サブリュティレンセス ザラエノハラタケ
Agaricus silvicola (Vitt.) Sacc. アガリクス・シルビコーラ シロモリノカサ

上記は、それぞれにハラタケ属のキノコであり、学名がAgaricus (アガリクス)から始まることに間違いはありません。 しかし、いわゆるアガリクスブームで取り上げられ、研究・報告が多く、 有名なのは「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」という品種です。

単に「アガリクス」として称して販売されている場合には、 「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」と似通った別のキノコが販売されている場合もあるので、 購入に際してはキノコの品種を確認することが必須と言えます。

また、「水溶性アガリクス」と称して、水との親和性を強調するアガリクス製品も開発されていますが、 機能性成分が価格相当に含まれているか注意を要します。 「水溶性アガリクス」「水溶性ベータグルカン」は機能性成分が希薄なことが多いので購入には注意が必要なのです。

機能性成分のベータグルカンに注目の商品

オルタスβグルカン85

アガリクスは料理の食材として用いるられることもありますが、 精製・加工されて健康食品(サプリメント)となることで機能性成分ベータグルカンを効率よく摂取できると言えます。 この機能性成分ベータグルカンを摂取するサプリメントとして欧米では主流となっているのが、「パン酵母抽出のベータグルカン」です。 1990年代に抽出技術が飛躍的に進歩したパン酵母(イースト菌)細胞壁から抽出したベータグルカンは、 80%を超える超高純度βグルカンへと精製されるようになりました。

オルタスβグルカン85』は、 このパン酵母由来の超高純度ベータグルカンの健康食品(サプリメント)です。 現在の世界最高レベルであるβグルカン含有率が85%以上を誇り、 注目の機能性成分であるベータ1,3Dグルカンの構成率が95%以上の最上級品です。 ジョージア大学複合糖質研究センターによる成分分析・連鎖解析を実施していますので、 βグルカンの含有量と質の確かさが安心の源になっています。

高品質で低価格だから、安心して継続利用頂ける品質と価格が『βグルカン本舗』の特徴です。

オルタスβグルカン85』のご注文および詳細説明は下記の商品紹介ページでご覧いただけます。


型 番 BG85-CPAGこの商品について問い合わせる
販売価格 5,900円(内税)この商品を友達に教える
購入数
  • Down
  • Up
セット商品
の選択 ⇒
カートを見る

電話・FAXでの注文受付は→[ご注文方法]