ホーム

ハナビラタケの機能性成分に注目

ハナビラタケ(花びら茸)とは

機能性成分の量を分析 ハナビラタケとは、ハナビラタケ科ハナビラタケ属の大型のキノコです。

  • 学名:Sparassis crispa (スパラシス・クリスパ)
  • 英名:Cauliflower Mushroom (カリフラワーマッシュルーム)

色は淡黄色から白色であり、生長しきると葉牡丹のような形状になることが 「花びら茸」や「びら茸」ともよばれる名前の由来です。

自生地は、北関東から北海道の亜高山地帯(海抜1000m以上の高山地帯)に分布し、 夏から秋にかけてマツやモミなどの切り株や枯幹の根元に発生します。 平地ではなく高地でしか摂取できなかったことから「幻のキノコ」と呼ばれた所以です。

多くのキノコが、陽の当たらない多湿に自生するものの、 ハナビラタケはカラマツやアカマツを初めとするヒメコマツ・ゴヨウマツ・コメツガなどの針葉樹の根もとや切り株に発生するのが特徴です。

食用が可能で、薄いながらも肉質が柔軟で弾力に富むため、 炒めても、揚げても、煮てもコリコリ感が残る程の珍味です。 キクラゲに似た食感だけでなく、マツ等に自生することで香りがマツタケ風であることも多く、別名「からまつまいたけ」とも呼んで重宝する地域もあります。

調理用食材としても比較的美味しく食べることができるため、 料理の具材としての生が通信販売で販売されていることも多いようです。

1996年(平成8年)に人工栽培が開始されて以降は、 乾燥・粉砕の工程を経ることで粉末化され、 粉末のままもしくはカプセル詰めされて、 健康食品(サプリメント)として販売されています。

免疫細胞のマクロファージ、T細胞、NKキラー細胞の働き 国内の主な生産地は新潟,熊本などで、ユニチカのような大企業が研究所を仕立てて、 栽培・製造・販売へ参入していることも大きな話題となっています。

1999年(平成11年)3月にバイブル本驚異のキノコ・ハナビラタケ(史輝出版)」が刊行されたことで 健康食品として世間に深く浸透しました。

ハナビラタケ健康食品の主成分とは?

ハナビラタケには乏しい ハナビラタケ(花びら茸)は料理用食材として食す以外にも、 粉末化して健康食品として販売される方が増えつつあるようです。

ハナビラタケはβグルカンが少なく不純物が多い さらには微粒子化(ユニチカ)や酵素処理を施したとされる粉末の健康食品(サプリメント)も続々と製品開発されています。

しかし、ハナビラタケ由来のサプリメントでは誇大広告を真に受けてさえもβグルカンの純度が50%未満に留まります。これでは現代のサプリメントとしては力不足で、最先端とされているパン酵母由来の超高純度品の程の機能性は期待できないのが実情でした。

ハナビラタケの数倍の効率を実現した新製品

パン酵母抽出サプリメント 1990年代になるとβグルカンは、パン酵母(イースト菌)の細胞壁から抽出することで、 80%を超える超高濃度品が精製できるようになりました。

オルタスβグルカン85』は、 このパン酵母を原料とした超高純度ベータグルカンのサプリメントです。 ハナビラタケの約2倍となる現在世界最高レベルのβグルカン含有率85%以上で、 注目の機能性成分であるベータ1,3Dグルカンの構成率が95%以上の最上級品です。 本場の米国と同等の販売価格、つまりは国内では最安値で高濃度のベータグルカンをご提供しています。

高品質品の成分図 高品質で低価格だから、安心して継続利用頂ける品質と価格が『βグルカン本舗』の特徴です。


型 番 BG85-CPHBこの商品について問い合わせる
販売価格 5,900円(内税)この商品を友達に教える
購入数
  • Down
  • Up
割引セット
の選択 ⇒
カートを見る

電話・FAXでの注文受付は→[ご注文方法]