βグルカン食品の不要な成分

オルタスβグルカン85の成分構成

βグルカン健康食品を比較するには、第一にβグルカン含有量が多い製品が優れています。

摂取した量が同じなら、中に含まれている成分としてのβグルカンが多い方が機能性が発揮される可能性は高いことは容易に想像できるでしょう。

βグルカンが多い=純度が高いことは、同時にβグルカンと水以外の不純物であるタンパク質や脂質が少ないことを意味します。不純物が多いことは製品の価値を低下させるだけなく、目的とするβグルカンの機能性をも邪魔する懸念を招きます。

タンパク質や脂質が多く残存している低純度βグルカン製品では、含まれているβグルカンが少ない=βグルカンの分子の数が少ないのです。ここに大量の不純物であるタンパク質や脂質が合わさると、大事なβグルカン分子が包み込まれてしまいます。これでは、βグルカン分子が小腸でマクロファージに直接に接触できません。

このように低純度のβグルカン製品では、二重の効率低下が起こるために、機能性の期待値が著しく低いのです。

一方、高純度のβグルカンなら、当然に含まれているβグルカンが多く、βグルカンの分子も大量です。さらに不純物が少ないことで、βグルカン分子は剥き出しに露出しています。そのため、小腸でマクロファージに直接に接触し、吸収される効率が高いのです。

高純度βグルカンが少量でも効率よく、機能性が発揮されるのは、絶対量の多さだけでなく、不純物の阻害が少ないからなのです。

超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』

世界最高のβグルカン純度85%超で、 β1,3Dグルカンの構成率95%超の超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』は絶賛販売中です。 比類無き高品質・低価格はコチラでお求め頂けます。

βグルカン・粉末へ βグルカン・カプセルへ