βグルカンが吸収される仕組み

オルタスβグルカン85の成分構成

βグルカンは経口摂取された後に、胃を抜けて小腸に辿り着き、腸壁でマクロファージに接触吸収されることで体内へ吸収されます。

水や油に溶けることで体内吸収されるビタミン等の栄養素とは違って、βグルカンは小腸でマクロファージに接触することで捕食吸収されることが解明されています。このことから水に溶けるかどうかはβグルカンの吸収効率とは関係無いことが解ります。

不純物に覆われていない剥き出しのβグルカン分子が小腸の腸壁上でマクロファージに接触した場合にだけ、マクロファージが反応してβグルカン分子を捕食して体内へ取り込むのです。つまり、体内に吸収されるβグルカン分子の数量を最大化するには、一定量の数(分子数)を小腸へ投入して、マクロファージとの接触数を最大にすることが必要です。

ここで不純物に覆われているβグルカン分子では、マクロファージのレセプターに接触できず、体内には摂り込んでもらえないのです。これがキノコ原料の健康食品の非効率性の元凶です。

一方、不純物の少ない=純度の高いβグルカンならば、一定量以上に投入することでマクロファージに直接に接触できるβグルカン分子の数も最大化されます。そのため、体内へのβグルカンの吸収も最大化できるのです。

上記のようなβグルカンに特有の吸収経路を理解できれば、不純物が多いβグルカンの効率が低いことも容易に理解されます。同時に高純度βグルカンの効率が、純度の数値差以上に良くなることも明白となります。

超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』

世界最高のβグルカン純度85%超で、 β1,3Dグルカンの構成率95%超の超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』は絶賛販売中です。 比類無き高品質・低価格はコチラでお求め頂けます。

βグルカン・粉末へ βグルカン・カプセルへ