処方薬や他の健康食品との併用

オルタスβグルカン85の成分構成

βグルカン健康食品は、食品分類上では「通常食品」と位置づけられています。中でも高純度βグルカンの代名詞であるパン酵母ベータグルカンは、品質が高いために米国ではFDA(米国食品医薬品局)の厳しい安全基準をクリアした「GRAS:副作用も習慣性も無い通常食として扱える食品」と公式に認証登録されています。

つまりは、通常の食事と同等と考えることができるので、医療機関からの処方薬や他の健康食品と併用してもβグルカンが問題を引き起こすリスクはありません(ただし、粗悪品は除く)。成分の化学的な性質も非常に安定しているので、他の薬品と化学反応を起こすような危険性も無く、問題無く併用することが可能です。そのため、利用される方の殆どが、何がしかの薬品や健康食品と併用されています。

βグルカンとは機能性が異なる他の健康食品を並行して利用することは、可能性を高めるための ただし、他の健康食品と併用する場合には、βグルカンの機能性を低下させないための時間間隔を空けることをお勧めします。純度が高く不純物の殆ど無い『オルタスβグルカン85』から見ると、他の多くの健康食品は通常食と変わらない程のたんぱく質や脂質などの不純物に溢れているからです。

その不純物の多くにはβグルカンの機能性を低下させるタンパク質や脂質が多く含まれています。つまり、『オルタスβグルカン85』から見れば、他の健康食品はまさに通常食の内容成分に近いほど不純物に溢れています。そのため、時間間隔を空けずに同時摂取するとβグルカン分子が不純物で覆われて、機能性が著しく低下してしまうのです。

それを防ぐために他の健康食品を併用する場合は、それを食事と同等と認識し、βグルカンの摂取に対して前後30分間、可能なら1時間程度の時間間隔を確保することが理想的なのです。

機能性が異なる他の健康食品を併用することは可能性のプラスになります。しかし、それによって 最も期待値の高いはずのβグルカンの機能性が低下してしまうのは残念な現象です。βグルカンの効率性を他の健康食品と共存させるためには、この時間間隔の確保は必須と言えます。

なお、処方薬等による治療を継続中の方は、主治医へ相談してからのご利用をお勧め致します。

超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』

世界最高のβグルカン純度85%超で、 β1,3Dグルカンの構成率95%超の超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』は絶賛販売中です。 比類無き高品質・低価格はコチラでお求め頂けます。

βグルカン・粉末へ βグルカン・カプセルへ