βグルカン摂取量の上限

オルタスβグルカン85の成分構成

βグルカンという成分には摂り過ぎによる弊害や副作用はありません。成分としてのβグルカンは過剰摂取の場合でも、吸収しきれない分量は食物繊維としての性質を発揮して大腸清掃に寄与しつつ体外へ排出されます。つまり、βグルカンを過剰摂取してしまっても、成分や機能性が原因となる副作用等の可能性はゼロです。

懸念があるのは、食品・食べ物としての単純な「食べ過ぎ」です。

高純度βグルカンは、見た目は微少量でも「満腹感を感じやすい食材」であることを念頭に置く必要があります。その理由は、微少量でも内容成分としては大量の食物繊維としての性質を兼ね備えているからです。

効率を追求して空腹時に高純度のβグルカンを摂ることは、空腹時に「山盛りの野菜だけ」を食べるのと同じような負荷を胃に掛けてしまいます。

健康な人でも胃もたれを感じ易いような食習慣であることに留意しながら、摂取量を調整されるべきなのです。このような背景から利用開始時は、まず少量からの試用をお勧めしているのです。

過剰摂取=満腹感を感じる量は、個々人の体質体調で大きく異なります。1回に4, 5粒も摂取しても平気で快調な方もおられる一方で、1回に1, 2粒でも満腹感を感じ易い人がおられるのです。

満腹感や胃もたれなどを感じるようなら当人様にとっては少し過剰な摂取量ですので、減量するのが妥当です。無理なく負担無く継続できる量がご自身にとっての適量なので、過剰摂取は厳に謹んで下さい。

βグルカン本舗が勧められる推奨量の上限は、目安として1回2粒程度(1日2, 3回)までです。これ以上の大量摂取を試したり継続している方もおられますが、販売店としては過剰摂取の可能性が高いため推奨はできないのです。

1回にカプセル3粒以上や、粉末1杯以上)を摂取できる人もおられますが、多くの人々にとっては、過剰摂取となる可能性が高いとご理解下さい。

少量の摂取だけでも内容成分としてのβグルカンが十分な量を摂取できる効率の良さが高純度βグルカンの特徴ですので、過剰摂取は不要なのです。

超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』

世界最高のβグルカン純度85%超で、 β1,3Dグルカンの構成率95%超の超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』は絶賛販売中です。 比類無き高品質・低価格はコチラでお求め頂けます。

βグルカン・粉末へ βグルカン・カプセルへ