βグルカン摂取に最適な飲み物

オルタスβグルカン85の成分構成

βグルカンの効率を最大化するには「食間に""だけ」で摂取することが最善です。であることが重要なのです。

βグルカンは温度に安定な成分なので冷水や ぬるま湯でも変質せずに効率も落ちません。コップ半分から1杯程度の水(100〜200cc)で摂取するのが良いでしょう。しっかりと流し込める感覚があれば十分です。

しかし、お茶やコーヒー、ジュースと混ぜてβグルカンを摂取することは、避けるべきです。理由は含有されているたんぱく質、脂質がβグルカンの効率を下げるからです。

オルタスβグルカン85』のような高純度βグルカンは、吸収性を高め、機能性を最大化するために、不純物としてのたんぱく質、脂質を除去精製するために時間と費用を費やしています。

しかし、不純物(タンパク質,脂質)を大量に含む食事や飲料と近い時間帯にβグルカンを摂取してしまうと胃の中でβグルカン分子が不純物(たんぱく質、脂質)に包み込まれてしまいます。これではβグルカンがマクロファージに接触できません。

懸命にたんぱく質、脂質を除去した高品質βグルカンでも、お茶やジュース、コーヒーと同時もしくは近い時間帯に摂取すると低効率化されてしまうのです。これは、害や副作用にはならないものの、いわゆる「モッタイナイ」状態です。

効率の最大化には水だけのβグルカン摂取が最善ですが、諸事情で何かに混ぜなければならない場合もあるでしょう。その場合には、効率の低下を留意しつつ、なるべくたんぱく質,脂質の少ない食品/飲料を選ぶべきです。

効率が下がってしまってさえも、βグルカンを少量づつでも摂ることでβグルカンの吸収と機能性は期待できます。高純度βグルカンならば、効率が低下せざるを得ない利用方法でも少なからぬ機能性が残せることが優位点です。

超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』

世界最高のβグルカン純度85%超で、 β1,3Dグルカンの構成率95%超の超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』は絶賛販売中です。 比類無き高品質・低価格はコチラでお求め頂けます。

βグルカン・粉末へ βグルカン・カプセルへ