βグルカン摂取に最適なタイミング

オルタスβグルカン85の成分構成

βグルカンの効率を最大化するには、「食間に水だけ」で摂取することが最善です。ベータグルカンの純度が高いままに、最大効率で摂取するためには、食事と近い時間帯に摂取するのは避けるのが賢明なのです。

βグルカンの摂取と食事との時間間隔は、前後に30分間、可能ならば1時間程度を確保することが利用と言えるます。つまりはβグルカンの効率を最優先するならば、空腹時の摂取が最高効率を達成する最善のタイミングなのです。

ちなみに、食事と近い時間帯にβグルカンを摂取した場合でも、”害”になるわけではなく、"効率"が低下するだけです。つまりは、高純度ベータグルカンを最大限に生かし、効率を最大化するための留意事項とお考え下さい。

高純度βグルカンを高純度のままに最高効率で活用するには、「食間の空腹時にβグルカン」を習慣にすることをお勧めします。最高の摂取タイミングの習慣が機能性の最大活用から未来の可能性へと繋がります。

超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』

世界最高のβグルカン純度85%超で、 β1,3Dグルカンの構成率95%超の超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』は絶賛販売中です。 比類無き高品質・低価格はコチラでお求め頂けます。

βグルカン・粉末へ βグルカン・カプセルへ