β1,3Dグルカンの量こそが優劣

βグルカン(ベータグルカン)の純度が高く、βグルカンの量が多い製品が良いβグルカンの絶対条件ですが、 βグルカンが多いだけでは、機能性の低い製品も存在します。

βグルカンには機能性の有るβグルカン機能性の無いβグルカンが存在するからです。

β1,3Dグルカンが多い超高品質βグルカン

βグルカン(ベータグルカン)が多い製品が良いβグルカン健康食品なのですが、 実は機能性の有るβグルカンと無いβグルカンが有るのです。

機能性のあるβグルカンとは、β1,3Dグルカン(ベータ1.3Dグルカン)というβグルカン。 このβグルカン以外にも β1,6Dグルカンβ1,4Dグルカンβ2,3Dグルカンなどの多くの種類のβグルカンが存在しますが、 これらには機能性が無いことが判明しています。

役に立つβグルカン か否か

オルタスβグルカン85の成分構成

つまり、β1,3Dグルカンは役に立つが、それ以外のβグルカンは役に立たないのです。

βグルカン(ベータグルカン)の機能性を追求するなら、 βグルカンの純度が高く、 さらにはその中のβ1,3Dグルカンの構成比率が高い商品を選ぶことが、 本当に品質の高いβグルカン健康食品・サプリメントだと言えます。

超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』

世界最高のβグルカン純度85%超で、 β1,3Dグルカンの構成率95%超超高純度ベータグルカンオルタスβグルカン85』は絶賛販売中です。 比類無き高品質・低価格のβグルカン健康食品はコチラでお求め頂けます。