機能性成分βグルカンの吸収が目的

βグルカン(ベータグルカン)を食する目的は、 βグルカンを小腸でマクロファージに吸収させることです。

マクロファージにβグルカンを吸収させるためには、 まず 一定量以上のβグルカン分子を食べる必要があります。

食べるβグルカン分子の数を多くするには、 純度の低いβグルカン健康食品を大量に食べるか、 高純度のβグルカン健康食品を一定量食べること で対処できます。

低純度のβグルカン(キノコなど)=単一の食品を大量摂取することは、 大切な通常食の食欲を減退させることで、不具合を誘発する可能性があるため、推奨されません。

食べる量が少なくても、内容成分として大量のβグルカンが含まれている高純度βグルカンなら、 通常食への悪影響も無く、一定量以上のβグルカン摂取を達成するのが簡単なのです。

不純物はβグルカン吸収を阻害

βグルカンをマクロファージに吸収させるために、 βグルカン(ベータグルカン)の量だけでなく、「不純物の少なさ」も重要な要素です。

製品中のβグルカン以外の不純物と言えるタンパク質や脂質などの成分は、 βグルカン分子に絡みついたり、包み込んだりして、 マクロファージとβグルカン分子が接触する邪魔な振る舞いをします。 つまり不純物は役に立たないだけでなく、 βグルカンの吸収を阻害する邪魔な物質だと位置付けられるのです。

βグルカンの機能性を邪魔する不純物成分の割合が多いと、 無駄になるβグルカン分子が多くなるため、 含まれているβグルカン量が十分に機能できない危惧があります。

反対にタンパク質や脂質等の不純物が最小化されている高純度βグルカンなら、 不純物に邪魔されることも少なく、 含有されているβグルカン量のまま存分に機能性が期待できるのです。

高純度は含有βグルカン量を有効活用

オルタスβグルカン85の成分構成

βグルカン(ベータグルカン)の純度が高いことには、2つの大きな意義が有ります。

一つはβグルカンが大量に入っていることで、マクロファージに接触吸収されるβグルカン分子数を最大化できること。 もう一つは不純物が少ないためβグルカンとマクロファージの接触を邪魔することなく、 βグルカンの吸収効率が最大化されるということです。

世界最高のβグルカン純度である85%以上まで高純度化されると、 βグルカン(ベータグルカン)の含有量が非常に多く、 βグルカン分子の数が非常に多いのと同時に、 不純物も殆ど無いため、βグルカン分子と マクロファージの接触も邪魔されずに最大数の体内吸収が期待できます。

だから高純度βグルカンは、 ハナビラタケ等のキノコ健康食品よりも 純度の差以上に吸収効率が非常に高いのです。

超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』

世界最高のβグルカン純度85%超で、 β1,3Dグルカンの構成率95%超の超高純度ベータグルカンオルタスβグルカン85』は絶賛販売中です。 比類無き高品質・低価格のβグルカン健康食品はコチラでお求め頂けます。