大量摂取が不可欠な栄養素βグルカン

オルタスβグルカン85の成分構成

βグルカン(ベータグルカン)は、まとまった一定の量を摂取することで、 その機能性が発揮されます。

摂取量が少な過ぎるとβグルカン分子は、 消化器内に先に存在しているタンパク質や脂質に絡め取られるだけで、 小腸でマクロファージに接触できる絶対量が足りず、機能性が発揮されない可能性があります。

だから一定量のβグルカンを纏めて摂取することで、 一定数のβグルカンを小腸のマクロファージに到達/接触させることが重要なのです。

成分としてのβグルカンの量を纏めて一定量を摂取するには、 純度が高い製品を選ぶことで、摂取する製品量は少なくても内容成分としてのβグルカン分子は多いため、 大量のβグルカン分子を体内させることができるのです。

高純度βグルカンだから高効率に吸収

βグルカン健康食品・サプリメントの機能性を左右するのは、 βグルカンの含有量以上にβグルカン以外の不純物の割合と量にも大きな影響を受けます。

βグルカン(ベータグルカン)の含有量が多くても同時に不純物が多い製品では、 不純物成分であるタンパク質や脂質がβグルカンの邪魔をすることで、 全体の機能性を低下させてしまう危惧があります。 その場合には、含まれているβグルカンの量以下の機能性しか期待できません。

機能性を妨げる不純物が少ない=高純度のβグルカンの成果が大きいのは、 含有率以上に不純物による機能性阻害が最小化されていると考えられます。

βグルカンが半分以下=不純物が半分以上の製品と、 βグルカンが高純度=不純物が殆ど無い製品=『オルタスβグルカン85』の期待値は、 比べる必要も無い程に優劣に差が有ることは明白です。

副作用のリスクも低減

健康食品に限らず、食品は全て、100%の安全が保証されるべきものです。

残念なことにキノコ原料のβグルカン健康食品で度々に副作用の問題が発生するのは、 βグルカン(ベータグルカン)以外の不純物成分に原因があるのです。

特にキノコ原料のβグルカン健康食品では、 土壌から吸収されてしまう重金属が体に害を及ぼす副作用が度々発生しています。

パン酵母抽出ベータグルカンの『オルタスβグルカン85』ならば、 原料酵母はお酒の醸造と同じ工程で清潔なステンレスタンク培養なので土壌汚染のリスクは完全にゼロ。 さらにβグルカン以外のタンパク質等の不純物を徹底的に精製除去していることで、 副作用のリスクも払拭されています。

米国では、「通常の食品と同等の取扱が可」 と政府機関が認証しているほどに安全・安心な食品として定着しているのです。

超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』

世界最高のβグルカン純度85%超で、 β1,3Dグルカンの構成率95%超の超高純度ベータグルカンオルタスβグルカン85』は絶賛販売中です。 比類無き高品質・低価格のβグルカン健康食品はコチラでお求め頂けます。