副作用ゼロの安全・安心な機能性成分

βグルカン(ベータグルカン)は 副作用の無い安全安心な機能性成分です。

βグルカンは小腸でマクロファージに吸収される以外には、 他の成分に反応したり、体内の臓器に不必要に働き掛けることも無いので、 成分単体としての危険性はゼロなのです。 高純度βグルカンなら製品の内容成分の殆どがβグルカンで占められているため、 純粋なβグルカンの性質と同じく、安全安心な製品だと言えるのです。

過去にはキノコ原料のβグルカン健康食品で 副作用の被害が度々に報告されていますが、 高純度の酵母抽出βグルカンでは副作用の原因となる不純物が十分に精製除去されているために、 全くに安全安心な食品となっているのです。

副作用のリスクがあるのはキノコ健康食品のように不純物が多い製品の特徴であり、 不純物が精製除去されたβグルカン成分だけならば、 極めて安全な物質だと判明しています。

超高純度ベータグルカンオルタスβグルカン85』では、 殆どの不純物が精製除去されているために、 副作用のリスクも極限にまで低減されています。

だからこそ、高純度βグルカンは、 「通常の食品と同じ」と米国政府も認証しているのです。

βグルカンは同時摂取,併用にも問題無し

βグルカン(ベータグルカン)は他の健康食品や薬品と同時摂取や併用で利用しても大丈夫、問題はありません。

βグルカンは、極めて安定な成分物質なので、 他の薬品と化学反応等を起こすことも無く、酸やアルカリにも安定的です。 その機能性に関しても、他の製品の助力にはなることはあっても阻害することは無いので、 並行して利用しても全く問題は無いのです。

物質として不安定な成分が含まれていたりすると化学反応を誘発し、 自身または併用の物質の性質を変えてしまう危険がありますが、 高純度βグルカンでは そのような危惧のある不純物としての成分物質は残存していません。

だから、高純度βグルカンなら、安心して他の製品との併用での摂取が可能なのです。

ただし、βグルカン吸収効率の最大化を考慮するなら、併用はお薦めしません。 βグルカンと他の食品を同時や近い時間帯に摂取すると、 βグルカンの吸収効率が下がってしまい、いわゆる「モッタイナイ」ことになります。

吸収効率を最大化するためには、βグルカンは食間に水だけで摂取」することが最善なのです。

歴史的な実績が長期利用の安全性を証明

オルタスβグルカン85の成分構成

機能性成分βグルカン(ベータグルカン)の利用の歴史は、 古代の「奇跡のキノコ」の利用にまで遡ることができます。 以来、我々人類は数千年間に渡ってβグルカンをキノコ健康食品として利用してきました。 この膨大な実績の一端が冬虫夏草等のキノコ原料の漢方として残っています。

人類はβグルカンを役に立つ成分として数千年に渡って利用し続け、 数えきれない人々に貢献してきた実績が積み上がっています。 βグルカンの機能性は明白であり、 多くの人の利用実績から長期間に渡って摂取しても安全・安心であることを、 歴史が証明してくれています。

超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』

世界最高のβグルカン純度85%超で、 β1,3Dグルカンの構成率95%超超高純度ベータグルカンオルタスβグルカン85』は絶賛販売中です。 比類無き高品質・低価格のβグルカン健康食品はコチラでお求め頂けます。