効率的な摂取方法

安く高効率に大量摂取

吸収率が悪かった理由

ベータグルカン(ベータグルカン)という機能性成分は、安く高効率に大量摂取することが大切です。

旧来の健康食品に多いキノコを原料とする製品では、肝心の機能性成分が非常に少ないだけでなく、その吸収を妨害する不純物に覆い尽くされていたことが、その非効率な働きの元凶でもあったのです。

しかし、今では現代科学の発達によって、パン酵母から高品質のベータグルカン安く効率的に大量に取り出す抽出・精製技術が進化確立されました。

安く大量に

旧来のハナビラタケ(花びら茸),マイタケ(舞茸)などのキノコ原料健康食品ではベータグルカン純度は1〜5%程度、多くても30%前後を超えません。マルチ商法で悪評が多い黒酵母培養液(アウレオバシジウウム培養液)などの酵母サプリメントではわずか2%前後しかベータグルカンが含有されていないのです。

しかし、最先端の高純度に精製された『パン酵母抽出の製品』ならば、βグルカンが最低でも60〜85%以上も含まれています。

超高純度だから選ばれ続ける

吸収率が向上した背景

安く大量に

世界最先端の技術でパン酵母から抽出精製された『オルタスβグルカン85』は、高品質ベータグルカン世界最高水準の85%以上の高純度を確保したことで、キノコ健康食品の数十倍にまで摂取効率が良化しました。不純物の少なさが吸収効率の向上に大きく寄与しているのです。

さらに、最も重要視されるβグルカンの中の機能性分子ベータ1-3Dグルカンの構成率が95%以上と世界最高の品質が達成されているので、機能性への期待値も高く維持されます。

開発から70年もの長い年月を経て、品質を向上させつつ世界中での実績が厚く積み重なった信頼性と安全性の両方が高いパン酵母ベータグルカン。その中でも最高品質の原料を厳選し製品化したのが、当店の誇る超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』なのです。

吸収率が向上したのは、純度が上がったことによる機能性成分の増加と、不純物の低減化による機能性の阻害要素の激減の二大要素が、相乗的に効いているからです。

高品質だから選ばれ続ける

吸収効率を最大化する方法

高純度βグルカンの機能性を最大限に活用するなら、「食間に水だけ」で摂取するべきです。

安く大量に

食事に混ぜたり、食事の直前直後に摂取することは「害」ではないものの「モッタイナイ」使い方になってしまいます。これでは精製度を高めるために研ぎ澄まされた清浄なβグルカン分子をタンパク質脂質が包含してしまうからで、そうなると機能性が激減してしまうのです。

期待値の高い高純度品を利用していても利用方法を間違えると、低純度品と同様の残念な状態になってしまい期待値が低下するのは「モッタイナイ」ことなのです。

不純物を徹底除去された高品質をそのまま最大限に活用するためには、「食間に水だけ」で食することで製品の最高効率が導き出されます。最高品質の製品最高効率で活用することで、機能性成分が働く可能性はさらに高められることでしょう。

明日には届く注文方法