キノコ(旧来品)βグルカンとの違い

キノコ健康食品の残念な内実

βグルカン(ベータグルカン)」は多くの健康食品で人気の機能性成分です。

ところが、宣伝露出の多いハナビラタケ(花びら茸)やマイタケ(舞茸)に代表されるキノコ原料の健康食品の内実として、βグルカン成分はわずか1〜5%しか含まれていないのです。大げさに宣伝広告されている希少キノコ製品の場合でさえも、広告値の最大がβグルカン純度40%程度の限界品質に留まっているのです。

脚光を浴びる新素材

最先端原料であるパン酵母(イースト菌)から抽出されたβグルカン85%以上の超高純度βグルカンまでにも精製されるようになりました。パン酵母由来のβグルカンは、1940年代に米国で開発されて以降に1990年台までに飛躍的に抽出精製技術の改良進化が続いたためです。

この「パン酵母抽出のベータグルカン」は、その品質の高さと効率の良さから、世界各国で多くの実績と伴に拡がりました。その結果70年以上の歴史を刻み、今では世界標準の活力サプリメントとなっているのです。βグルカン

最高の品質とは?

世界最先端にして最高品質の米国産の「パン酵母抽出βグルカン」を原料として、信頼性の高い日本の最高の品質管理によって製品化されたのが、超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』です。

品質にこだわった高品質βグルカンを選ぶなら、世界最高品質の『オルタスβグルカン85』は、最善の逸品と言えます。

良いβグルカンと良くないβグルカンとは